best bootstrap web builder

オンラインで簡単にコンテンツを
校正・校閲

コンテンツチェッカーは、記事の校正・校閲を簡単に行うことができるツールです
校正・校閲したい記事をコピペして送信したら、あとは待つだけ
午前中に送信したらその日の内に校正・校閲の終えた記事が返ってきます

  • 校正・校閲
  • リスク対策
  • SEO対策
  • 成果

コンテンツマーケティングに
取り組んでいる会社様にオススメです

これまで書き溜めてきた記事を有効活用したい!

コンテンツマーケティングで思ったような成果が出ない

自社の記事が正しく書けているか不安だ…

校正・校閲をおろそかにしているサイトが多いことにいつも驚かされます。以前は単に「記事さえ書けばSEOで有利だから」という理由で、何となく記事を書いても良かったのかもしれません。しかし、これからはそれでは済まされないでしょう。

サイトの閉鎖や、炎上、グーグルからのペナルティといった「コンテンツ・マーケティングのリスク」のダメージは計り知れないものです。企業のリスク対策としても、校正・校閲を社内のルーチンワークに取り入れることが求められています。

コンテンツチェッカーでできること

校正・校閲
Revision, Proofreading

記事のミスを指摘します。弊社のチェックシステムと人間による目視のダブルチェックで、ロボットだけでは見落としてしまうような記事の「読みにくさ」「不自然さ」「論理の矛盾」なども指摘します。

リスク対策
Risc  Management

薬事法やグーグルの"ルール"、その他各種法令などに照らして、リスクのある文章を検出します。コピペ記事の確認や、炎上の恐れのある「アブナイ」文章まで、校閲のプロが目視確認して指摘します。

SEO対策
Search Engine Optimization

対策キーワードのチョイスから、単語の使い方・出現頻度などをチェックします。最新のグーグルのアルゴリズムを熟知したSEOのプロが、よりグーグルに高評価を受けるためのポイントを指摘します。

成果アップ
Increase Profit

改善ポイントを見つけます。より多くのアクセスを獲得し、成果を上げるために「記事の内容」についても改善点を発見し指摘します。コンテンツ編集のプロが「有益性」「面白性」を基準に指摘します。

コンテンツチェッカーとは?

「コンテンツチェッカー」は、オンラインの管理画面に記事を貼り付けて送信するだけで、ロボットが「校正」を、そしてプロの編集が「校閲」をしてくれるツールです。これまでおろそかになっていた記事の校正・校閲を、短時間・低コストで手間なく実施することができます。

利用登録(無料) 機能説明

ご利用の流れ

  • 1. 利用登録(無料)

    無料で簡単に利用登録をしていただけます。
    登録をしてもご利用しない月は一切費用はかかりません。

  • 2. アカウントの発行

    登録したメールアドレスに、アカウントのログインURLとパスワードをお送りします。

  • 3. 校正・校閲の依頼

    校正・校閲の依頼は簡単。
    記事をアカウントの画面からコピペして送信するだけ。

  • 4. 校正・校閲済みの記事を受取り

    早ければ当日・遅くとも3営業日以内に、校正・校閲済みの記事が届きます。

  • 5. 使用した分だけお支払い

    使用した分の請求書が翌月初に届くので、月末までにお支払い。
    基本料金は1文字1円です。

よくあるご質問

はい、対応できます。ただし英文は1文字3円となります。(日本語文は1文字1円)

いいえ、残念ながら今は法人のみとさせていただいております。もしどうしても必要な場合は別途お電話か「cc@ raise-co.com

」までご連絡ください。

はい、もちろん承ります。弊社でライティングを代行させていただく際は、1文字10円となります。

弊社の考えるコンテンツのルール

一記事一ネタ

1 STORY

1つの記事の中に多くのものを盛り込みすぎると、かえって意味が伝わりにくくなります。伝えたい情報(ネタ)を一つに絞り込むことで、コンテンツの密度が濃くなり、ぐっと読みやすくなるのです。

生活を向上させるキッカケとなる

IMPROVE LIVING

新規客の開拓、SEO対策、ブランディングなど、サイトによってコンテンツを書く目的は様々です。しかし、コンテンツはそもそも読者に何らかの有益な情報を与えることです。何かの行動を促すような記事が良い記事の条件だと言えます。


熱量が人を動かす

PASSION

ただの情報は「コンテンツ」ではなく「インフォメーション」です。人を動かす文章の共通点は熱量に他なりません。まず伝えたいポイントを尖らせましょう。個人的な感情をこめてライティングすることで、普遍的な価値が産まれるのです。

運用会社

会社名株式会社レイズ
所在地東京都荒川区西日暮里2-52-5 キングビル301
設立2009年2月23日
代表取締役社長大塚清貴
主な取引先 ヤフージャパン, Google
事業概要 コンテンツマーケティング支援, ウェブサイト制作, システム構築, 広告代理